PR
PR

病気腎移植、先進医療に 入院費など保険適用、厚労省

 厚生労働省の専門家会議は5日、がん治療で取り出した腎臓を別の腎不全患者に移植する「病気腎移植」について「先進医療」に指定することを条件付きで承認した。入院や投薬の費用に健康保険が適用され、患者の負担が軽くなる。東京西徳洲会病院が計画を申請、宇和島徳洲会病院(愛媛県)とともに実施する見通し。

 病気腎移植は、安全面や倫理面での問題が指摘され、厚労省は臨床研究を除いて原則禁止していた。将来は保険が全面的に適用される一般的な医療になる可能性もある。ただ専門家からは提供者に不利益が多いと懸念する声も根強い。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る