PR
PR

長崎湾描いたびょうぶ発見 オランダ、シーボルト絵師

 【ブリュッセル共同】オランダ・ライデンの国立民族学博物館は4日、江戸時代後期の「シーボルトのお抱え絵師」川原慶賀が長崎湾を描いたびょうぶがオランダで見つかり、同館が収蔵したと発表した。5~22日に一般公開する。慶賀のびょうぶは本作品以外に見つかっていないという。

 びょうぶは8面からなり、広げると高さ171センチ、幅470センチ。絹布に描いた大作で、湾を俯瞰し出島や唐人屋敷なども精緻に描かれている。同館は湾に浮かぶオランダ船の長崎入港記録から、1836年ごろの作品だとしている。慶賀はオランダ人らの求めに応じて絵を描いた「出島出入絵師」の一人。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る