PR
PR

対北朝鮮連携で一致 東京 日ロ次官級安保協議

[PR]

 日ロ両政府は4日、外務次官級の安全保障協議を東京都内で開き、北朝鮮の核・ミサイル、拉致問題の解決に向けて連携することで一致した。日本が抗議しているロシア軍による北方領土での軍事演習や、ロシア側が反発している日本の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」導入については互いの立場を表明し、議論は平行線だった。

 昨年8月にモスクワで開催して以来9回目で、日本側から森健良外務審議官、ロシア側からリャプコフ外務次官らが出席。9月の日ロ首脳会談や年内の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に向け約5時間半、協議した。

残り:177文字/全文:432文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る