PR
PR

山本周五郎の未発表作発見 戦中に命惜しむ武士描く

 武士の苦衷や庶民の哀歓を描いた歴史小説作家、山本周五郎(1903~67年)が戦時中に書いた未発表短編が、4日までに見つかった。タイトルは「死處」で、命を惜しむことの大切さを武士が説く内容。識者は国民の命を顧みない風潮が強まる戦時下での、山本の違和感を示す一作だと指摘。13日刊行の講談社文庫「戦国武士道物語 死處」に収録される。

 講談社によると、山本の名前の入った200字詰め原稿用紙40枚に書かれ、昭和16(1941)年10月25日と記されていた。当時の人気雑誌「冨士」の翌年新年号に掲載予定だったが、同誌が紙不足で休刊し、発表の機会を失したとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る