PR
PR

心神喪失で女性の無罪確定へ 清田刺殺、検察控訴断念

[PR]

 札幌市清田区のアパートで昨年6月、交際相手の会社員男性=当時(50)=を刺殺したとして殺人罪に問われた無職女性(31)に対し、心神喪失を認め無罪を言い渡した6月19日の札幌地裁の裁判員裁判判決について、札幌地検は3日までに控訴を断念する方針を固めた。控訴期限を過ぎた4日午前0時に無罪が確定する。道内の殺人事件の裁判員裁判で無罪が確定するのは初めて。

 判決によると、女性は昨年6月12日から13日にかけ、男性方で男性の胸などを包丁で数回刺し、出血性ショックで死亡させた。

残り:213文字/全文:449文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る