PR
PR

フキの皮「富貴紙」で扇子 釧路市が100本限定販売

 【釧路】釧路市音別町特産のフキの皮を原料にした手すき和紙「富貴紙(ふきがみ)」の生産に取り組む釧路市が、扇子を商品化し、市内の佐藤紙店((電)0154・22・1311)などで100本限定で販売している。

 コシの強い富貴紙の特性を生かし、骨組みの片側のみに紙を貼ることで、光に透けたフキの繊維が美しく浮かび上がる。1本5400円。扇子に「釧路市音別町富貴紙」と判を押し、産地のPRも忘れない。

 人口減と高齢化のあおりを受ける音別地区。市音別町行政センターの担当者は「生産・販売を軌道に乗せ、地域活性化につなげたい」。暑さもまちへの逆風も、おしゃれな扇子でフキ飛ばせ―。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る