PR
PR

藤井七段が白星スタート 将棋、順位戦の初戦

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(15)は3日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組の初戦で豊川孝弘七段(51)を破り、2期連続昇級に向け、好スタートを切った。

 藤井七段は前期のC級2組で10戦全勝の成績を挙げ、同1組に昇級。同2組を無敗で突破したのは、中学生では初めての快挙だった。各10局を戦うC級1組は今期39人が参加し、上位2人がB級2組へ昇格する。

 名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれ、約1年間にわたってリーグ戦を行う。A級の優勝者が名人挑戦者となり、各組上位者が上のクラスに昇級する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る