PR
PR

W杯日本代表 組織力で強豪苦しめた

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、日本代表はベルギー代表に3―2で逆転負けした。

 日本は2002年日韓大会、10年南アフリカ大会と同様、またしても悲願の8強入りを果たすことができなかった。

 日本のサッカーは世界のレベルに近づいているようで、なお距離がある。そんな現実を突き付けられた大会だったと言えよう。

 西野朗監督がインタビューで口にした「何が足りないんでしょうね…」という一言が、壁の厚さを如実に表している。

 とはいえ、格上の相手がひしめく1次リーグを突破し、世界ランク3位のベルギーを追い詰めた戦いには迫力があった。

 日本サッカーの進化を感じさせた選手の健闘をたたえたい。

 日本サッカー協会は今大会をしっかりと検証し、さらなる飛躍を目指して選手のスキルや戦術を磨き上げてほしい。

 1次リーグのコロンビア戦は、試合開始早々のPK獲得、相手エースの不在といった幸運に恵まれた面もあるが、チーム一丸で勝ち点3をもぎ取った。

 続くセネガル戦は粘り強さを発揮して引き分けた。相手に先行されても崩れない精神力は成長の一つの証しだろう。

 ポーランド戦では試合終盤の「時間稼ぎ」を巡って賛否が分かれたものの、決勝トーナメントまでの4試合を通じて明確になったのは世界の強豪との戦い方だ。

 技術や身体能力に勝る「個の力」に、組織力や俊敏性で対抗する。相手守備陣の裏を突く。セットプレーを生かす。今後も維持すべき日本の武器だろう。

 課題は、それを実現するスキルや戦術の向上である。不用意なパスミスやシュートの決定力不足などは早急に改善しないと、世界のレベルに到底追いつけない。

 今大会では、長友佑都、長谷部誠、香川真司の各選手らベテランがチームをけん引する一方、大迫勇也、乾貴士両選手といったヒーローも生まれた。

 チームが成長するうえで、新しい戦力の発掘や世代交代は避けて通れない。日本サッカー協会は青少年の育成を含め、さまざまな角度から強化に努めてほしい。

 代表監督を大会直前に突然解任するといった失態も繰り返してはなるまい。また、W杯ごとに監督を代える「慣例」についても、長期的なチームづくりの障壁になっていないか検討すべきだろう。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る