PR
PR

緊急着陸のオスプレイ離陸 奄美空港でテスト飛行

 飛行システムの警告が出て6月4日に鹿児島県の奄美空港に緊急着陸した米空軍輸送機CV22オスプレイ1機が、3日午後0時40分ごろ同空港を離陸し、約15分飛行した後に再び着陸した。防衛省九州防衛局によると、事前に米側からテスト飛行の連絡があった。同5時ごろにも離陸し、10分程度飛行して同空港へ戻った。

 九州防衛局などによると、緊急着陸したオスプレイは、米軍横田基地(東京都)から岩国基地(山口県)を経由し、沖縄県の嘉手納基地に向かう途中だった。緊急着陸の影響で、奄美空港発着の国内線に遅れが出た。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る