PR
PR

テレ朝、セクハラ問題で処分せず 女性社員らに情報の取り扱い指導

 テレビ朝日の角南源五社長は3日の定例記者会見で、財務省の前事務次官から同局の女性社員がセクハラを受けたとされる問題に関し、社内処分をしないことを明らかにした。女性社員と直属の上司には情報の取り扱い方などを指導したという。

 女性社員に関しては、取材で得た情報と音声データを週刊誌に提供したことが不適切だったとする一方、公益目的だったことなどを考慮。上司については、セクハラ被害の情報を社内で共有しなかったことを問題視したが、隠蔽する意図がなかったことなどから処分には当たらないと判断した。

 テレ朝は6月、幹部を対象にハラスメントへの意識を高める研修を実施した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る