PR
PR

公海サンマ「漁獲制限を」 政府、国際会議で再提案

 北太平洋公海でのサンマの資源管理を議論する北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が3日、東京都内で始まった。5日まで3日間の日程で、日本や中国、台湾など8カ国・地域の代表者が出席。日本政府は規制のない公海での漁獲総量に上限を設ける内容を提案した。

 NPFCは2015年に設立され、会合は4回目。冒頭で水産庁の長谷成人長官は「サンマは漁業のみならず関係の流通加工を含め、漁村地域において非常に重要な資源。NPFCが責任ある地域漁業管理機関として、早急に適切な資源管理措置を実施することを強く望む」と述べた。

残り:250文字/全文:504文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る