PR
PR

平成生まれ同士激突 王位戦、4日から第1局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑む第59期王位戦七番勝負(北海道新聞社主催)が4日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で始まる。平成生まれの棋士同士がタイトルを懸けて戦うのは初めて。若き実力者2人の熱戦が予想される。

 菅井王位は岡山市出身で昨年、棋界第一人者の羽生善治2冠(47)=竜王、棋聖=から王位を奪取。平成生まれの棋士で初めてタイトル保持者になった。豊島八段は愛知県一宮市出身で、十代から棋界のホープと期待されてきた。タイトル挑戦は6度目で、羽生2冠と5番勝負中の棋聖戦と併せて初タイトルを狙う。

 立会人は谷川浩司九段(56)。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け手番が封じる。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は「どうしん電子版」(https://www.hokkaido-np.co.jp)で伝える。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る