PR
PR

介護ロボット、試して知って 帯広に普及推進センター

 介護ロボットについて、実際に試しながら使い方や利点を学べる「北海道介護ロボット普及推進センター」が2日、十勝リハビリテーションセンター(帯広市稲田町)にオープンした。7月下旬から見学受け入れを開始する予定だ。

 普及推進センターは、介護職員の負担軽減や業務の効率化などを目的とした道の介護ロボット普及推進事業の一環。昨年度、札幌市内に開設したのに続き、本年度は道北、道南、道東の3カ所に開く。

 福祉用具の販売・レンタル会社のマルベリー(札幌)が道から委託を受けて運営する。開設は来年3月末まで。介助する人の腰やひざに装着して身体的負担を少なくする機械や、電動の歩行アシスト機、人型や動物型のコミュニケーションロボットなど40種類以上が並ぶ。介護施設向けに無償で貸し出しも行う。

残り:267文字/全文:605文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る