PR
PR

中国から初の介護技能実習生 女性2人、宮崎で勤務

 介護職種での初の外国人技能実習生となる中国人女性2人が1日、中国・大連から福岡空港(福岡市)に到着した。宮崎県内の施設で今後5年間勤務する予定。日本で専門的な介護技術を学んだ上で、中国での介護水準の底上げに役立ててもらうのが狙い。今回を皮切りに、各地で実習生の受け入れが続く見通しだ。

 国内では高齢化の進展で介護ニーズが高まる中、人材離れで悩む現場があるとの指摘もあり、職場の活性化につながることも期待されている。

 来日した2人は、柴艶紅さん(41)と簡雪梅さん(47)。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る