PR
PR

雄武高・木村さん、砲丸投げV、初の全国へ 全道高校陸上 支部予選前に父死去

 【雄武】雄武高陸上部3年の木村智哉さん(18)が15日に札幌で開かれた第71回道高校陸上競技選手権大会の砲丸投げで優勝し、8月1日に三重県で開幕する全国大会(インターハイ)に初出場する。北見支部予選直前の父の死去を乗り越え、自己ベストを更新し、全国切符を手にした。「自分の持てる力を出す」と気合十分だ。

 全道大会の砲丸投げには55人が出場。木村さんは予選を3位で突破、12人で争う決勝に進んだ。道内の支部予選ランキングでトップだった木村さんは「普段通りの力を出すことだけに集中した」と、4投目に自己新の14メートル47センチをマークし、大会を制した。「投げた瞬間、記録を確信した」と会心の一投に笑みをこぼす。

残り:330文字/全文:635文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る