PR
PR

東京都がLINE利用で虐待相談 11月窓口開設、目黒女児死亡で

 東京都は29日、児童虐待防止のため、無料通信アプリLINE(ライン)で子どもや保護者からの相談を受け付ける窓口を11月に試験的に開設すると発表した。

 目黒区で5歳女児が虐待され死亡する事件があり、都は対策を強化している。これまでフリーダイヤルの電話相談を実施していたが、「よりアクセスしやすい相談体制を整備する」としている。

 都が開設したアカウントを使って、外部委託の相談員が子どもらとやりとりし、緊急性がある場合は児童相談所や警察に連絡する。

 受付時間や、東京都以外からの相談への対応などは今後検討する。試験開設の効果を検証し、来年度から本格実施する予定。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る