PR
PR

米でジュゴン訴訟、実質審理 辺野古移設で連邦地裁

 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコの連邦地裁で28日、日米の環境保護団体が絶滅危惧種ジュゴン保護のため、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事中止を求めた訴訟の差し戻し審の公開審理が開かれた。原告側によると、米国防総省を相手取った2003年の提訴後、初めての実質審理。数カ月以内に判決が出る可能性もあるという。

 原告側は「ジュゴンは沖縄の文化に非常に重要だ」と強調し、国防総省は地域住民と協議しておらず、文化財の保護義務を定めた米文化財保護法(NHPA)に違反すると主張。国防総省側は環境への影響など日本政府と協議したと反論した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る