PR
PR

法廷内で暴れ親子逮捕 公務執行妨害の疑い 函館

[PR]

 【函館】28日午後1時45分ごろ、函館市上新川町の函館地裁の法廷内で、判決公判中に被告の男が検察官事務取扱副検事(52)に椅子を投げつけ、傍聴席にいた男の父親も副検事の胸ぐらをつかみ、2人は傍聴していた警察官に取り押さえられた。函館西署は公務執行妨害の疑いで、函館市船見町、大学生土井瑞樹容疑者(21)と父の一也容疑者(51)を現行犯逮捕した。副検事にけがはなかった。

 逮捕容疑は、公判で判決文が読み上げられた直後、土井容疑者は証人席の椅子を副検事に投げつけ、一也容疑者は傍聴席から仕切りを乗り越えて副検事の胸ぐらをつかむ暴行を加え、共に副検事の職務を妨害した疑い。

 土井容疑者は昨年11月、強制性交等の罪で起訴され、この日の公判で懲役5年6カ月の判決を言い渡された。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る