PR
PR

働き方改革法案、参院で午後採決 与党と国民民主が合意

 安倍政権が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案を巡り、与党と野党の国民民主党は28日、同日中に参院厚生労働委員会で採決する方針で合意した。これにより29日に参院本会議で可決、成立する見通しが高まった。

 参院厚労委は28日午前、働き方法案の質疑を行った。与党は委員会に先立つ同日午前の理事会で、質疑終了後の採決を提案したが、徹底審議を求める野党は応じず、立憲民主党など野党は島村大委員長(自民党)の解任決議案を提出した。国民民主党は加わらず、野党の対応が割れた形だ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る