PR
PR

米ロ首脳、ロのG7復帰議論も 7月の欧州歴訪で会談へ

 【ワシントン、モスクワ共同】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで、7月の欧州歴訪に合わせてロシアのプーチン大統領と会談する考えを表明した。訪ロ中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はモスクワでプーチン大統領との会談後に記者会見し、ロシアの先進7カ国(G7)復帰を議論する可能性も「排除しない」と説明した。

 トランプ氏はポルトガルのレベロデソウザ大統領との会談冒頭、記者団の質問に答えた。開催地はフィンランドの首都ヘルシンキになる可能性があると言及。シリアやウクライナ情勢を協議するとし「前向きな成果を出せると思う」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る