PR
PR

働き方法案、28日採決を提案 参院委で与党、野党拒否

 安倍晋三首相が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案を巡り、与党は27日の参院厚生労働委員会の理事懇談会で、28日に厚労委で質疑を実施した上で採決する日程を野党に提案した。野党は質疑に同意したが、採決は「審議が不十分」として改めて拒否した。与党は29日の参院本会議での成立を目指し、28日にも委員会で採決に踏み切る構えだ。

 28日の厚労委は野党が午前に質疑を2時間行う。与党筆頭理事の石田昌宏氏(自民党)は27日、記者団に対し、28日の質疑終了後に採決したい考えを強調した。野党筆頭理事の小林正夫氏(国民民主党)は「引き続き審議したい」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る