PR
PR

金のアメマスを狙え 阿寒湖 道内外から釣り人集う

 【阿寒湖温泉】静寂の湖面に50センチを超す魚影が現れた―。金色の魚体から釣り人の憧れとなっているアメマス(通称・金アメ)だ。

 カゲロウなどの小型昆虫の羽化期を迎えた阿寒湖(釧路市阿寒町)は今、毛針を使ったフライフィッシングの最盛期。巨大アメマスを狙う釣り人たちが道内外から大勢訪れている。

 アメマスの体色は通常、銀色または青緑色で、白い斑点がある。地元の鶴雅リゾート取締役で阿寒湖周辺の自然ガイドを務める高田茂さん(59)は「阿寒湖で釣れるアメマスの8割は金色をしている」と言う。

残り:144文字/全文:385文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る