PR
PR

中曽根氏、韓国の金元首相に弔辞 「日韓関係強化に一貫して尽力」

 【ソウル共同】日韓国交正常化に貢献し、23日に92歳で死去した韓国の金鍾泌元首相の告別式が27日、ソウル市内で行われた。韓国の政界関係者らと共に、長年親交があった中曽根康弘元首相の息子、弘文参院議員が参列し「日韓関係の強化に一貫して尽力された」と功績をたたえる中曽根元首相の弔辞を代読した。

 弔辞では「日韓国交正常化は(金)先生を抜きにしては語れなかった」とし、「古き良き友人をなくし、誠に悲しい」と別れを惜しんだ。葬儀委員長を務めた韓国の李漢東元首相も「偉大な指導者だった」と故人をしのんだ。

 韓日議員連盟の初代会長を務めるなど韓国政界有数の知日家だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る