PR
PR

新幹線札幌駅と地下鉄 乗り換え利便性確保課題 新通路の整備も検討

 JR札幌駅の北海道新幹線ホームが現駅の200~300メートル東側に造られることになり、市営地下鉄さっぽろ駅で利用者が最も多い南北線との乗り換えの利便性が新たな課題に浮上している。新幹線駅と南北線は地下通路経由で約500メートル離れているためだ。札幌市は今後、駅周辺の再開発にあわせ、新幹線利用者の動きに適した地下通路を検討する考えだ。

 JR北海道の計画によると、新幹線ホームは現札幌駅舎の東側に整備し、中央区北5西1の街区に専用駅舎を新設する。この街区に沿って走る地下鉄東豊線のさっぽろ駅と新幹線駅の距離は約100メートルと近い。

 一方、東豊線の西約250メートルの地下を走る南北線のさっぽろ駅とは既存の連絡通路を経由すると約500メートル。商業施設「エスタ」や札幌駅地下街を通れば、連絡通路と接続する改札よりも数十メートル近い改札が使えるため、その分だけ移動距離が短い。だが、途中にエスカレーターや階段があり、現状のままではスーツケースを持った旅行客には不便な上、店舗が営業しない早朝や深夜は利用できない。

 市は「新幹線駅ができると、現駅舎とは違った人の流れができる」(まちづくり政策局)として、策定を目指している駅周辺開発の方向性を示す「まちづくり計画」に地下通路の再整備を盛り込む考えだ。「エスタ」や新駅舎ができる一帯は新幹線開業に向けた再開発の動きがあり、地下鉄との乗り換えの利便性確保も論点となっている。

残り:244文字/全文:852文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る