PR
PR

北見緑陵高陸上競技部、11人インターハイ出場 昨年度ゼロから奮起

 北見緑陵高の陸上競技部の部員11人が、12~15日に札幌で開かれた道高校陸上競技選手権大会で好成績を収め、8月上旬に三重県で開かれる全国高校総体(インターハイ)への出場を決めた。全国大会の常連校だが、昨年度は出場者がゼロ。部員たちは悔しさをバネに持久力の鍛錬を中心にトレーニングに励み、結果を出した。

 インターハイに出場する選手は男子800メートル1人、男子1500メートル2人、男子5千メートル競歩1人、女子棒高跳び1人、女子1600メートルリレーに補欠2人を含む6人。北見地区(北見市、訓子府町、置戸町)の高校の陸上部では最も多い。

 約40年の歴史がある同部は、2009年度から毎年、インターハイに選手を送り出していたが、昨年度は8年ぶりに出なかった。

残り:328文字/全文:657文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る