PR
PR

道内の基幹産業、AIで活性化を 10月 札幌で交流イベント「No Maps」

 札幌を舞台に先端技術で新ビジネス創出を目指す交流イベント「No Maps(ノーマップス)」の実行委員会は26日、今年の開催概要を発表した。2回目の今回は10月10日から14日まで5日間、札幌駅前通地下歩行空間など札幌市中心部で開催。人工知能(AI)を使った産業活性化などをテーマに多彩な企画を用意する。

 実行委は札幌の企業や札幌市などで組織する。ビジネスイベントは、AIをはじめとする先端技術を駆使し、食、観光といった道内の基幹産業の付加価値を高める狙い。関連分野で実績がある経営者らを招き、情報交換の場を設ける。

 また、新しい事業モデルで急成長を目指す「スタートアップ」と呼ばれる企業を発掘し、投資家に出資を呼びかける企画を実施。デジタルガレージ(東京)と北海道新聞社が共同運営するオープンネットワークラボ北海道と連動した、起業家発掘のイベントも行う。

残り:256文字/全文:634文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る