PR
PR

野党、児相強化へ児福法改正案 6会派が共同提出

 東京都目黒区で両親から虐待を受けていた船戸結愛ちゃん(5)が死亡した事件を受け、立憲民主、国民民主、無所属の会、共産、自由、社民の野党6会派は、児童相談所の機能強化を図るため、児童福祉法と児童虐待防止法の改正案を衆院に共同提出した。

 児相で児童の面談や保護者の指導に当たる「児童福祉司」について「人口4万人に1人以上」としている現在の基準を「3万人に1人以上」に改め、昨年4月時点の3253人から2019年度には4749人に増員する。

 児相と警察との情報共有に関する協定締結など関係機関の連携強化も明記した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る