PR
PR

カーリング、本橋麻里が休養 引退せずチーム運営などに

 平昌冬季五輪女子で銅メダルを獲得したLS北見は26日、3度の五輪に出場した本橋麻里(32)が選手としては休養に入り、新たに女子の育成チームを立ち上げると発表した。

 本橋はチームの公式サイトで「トップ選手としてのペースを落とし、休養という形を取らせていただきます。カーリング人生は長いので選手はやめません」と記した。脱退や引退はせず、活動の主軸をチーム運営に移す。

 マネジメント会社によると、チームは今後、藤沢五月(27)、吉田知那美(26)、鈴木夕湖(26)、吉田夕梨花(24)の4人で活動する。本橋は必要に応じてリザーブとして登録する予定で、大会に出場することもある。

残り:135文字/全文:421文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る