PR
PR

臨時列車運行、ファンに好評 来春廃止のJR夕張支線

 【夕張】来年4月に廃止されるJR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)で23、24の両日、JR北海道が地元のイベントに合わせて臨時列車を1日3便運行した。イベント参加者やファンに好評だった。

 支線は通常1日5往復で1両での運行だが、臨時列車は2両編成。臨時第1便の23日の新夕張発夕張行きには、ウオーキングイベントの参加者ら約45人が乗車した。

 イベントに参加した札幌市の女性会社員(43)は「廃止前に支線に乗ってみたかったので、いい機会になった」。臨時列車を利用した鉄道ファンの中には、途中駅で下車して写真撮影などを楽しみつつ散策する人も。東京都の会社員吉田隆広さん(46)は「いい写真が撮れた」と喜んだ。

残り:93文字/全文:401文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る