PR
PR

首相、加計氏の喚問拒否 野党、佐川氏告発で一致

 参院予算委員会は25日、安倍晋三首相らが出席して国会会期延長後初の集中審議を行った。首相は学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が19日の記者会見で、2015年2月25日の首相との面会を否定したことについて「政府として内容や評価についてコメントする立場にない」と言及を避けた。野党が求める加計氏の証人喚問も「私は何の権限もない。自民党に指示を出すのは越権行為で、あってはならない」と述べ、事実上拒否した。

 首相は会見を論評しない理由を「学園と、愛媛県や今治市とのやりとりに関して行われたものだ」と説明。その上で加計氏との面会を改めて否定し、獣医学部新設も「行政プロセスには全く問題がなかった」と強調した。証人喚問については「国会で主体的に決めることだ」とも述べた。

残り:344文字/全文:681文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る