PR
PR

ドローンレース全道大会 空の熱戦に興奮 岩見沢

 【岩見沢】小型無人機ドローンを飛ばす速さを競う全道大会「北海道ドローンレースリーグ」が24日、市内毛陽町の「ログホテル メープルロッジ」敷地内で開かれた。空知管内では初開催で、札幌や留萌から12人が出場した。23日には関連イベントで操縦体験などが行われた。9月には同会場でドローンレースの全国大会も開かれる。

 北海道ドローンレース協会(札幌)が主催。市内の愛好会「岩見沢ドローンフライトクラブ」の呼びかけで岩見沢開催が実現し、約60人が観戦に訪れた。屋外の広さ3万6千平方メートルを会場に、旗やゲートを設置してコースを造った。

 レースでは、2分間のコースの周回数を競った。出場者は機体に内蔵したカメラからの映像をゴーグルで見ながら操縦。機体同士が衝突したり、ゲートにぶつかるアクシデントもあったが、来場者はスピード感あるレースに見入った。

残り:205文字/全文:575文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る