PR
PR

「創世スクエア」完成 官民による札幌最大の再開発事業

 劇場や図書館などの「札幌市民交流プラザ」、放送局、オフィス機能を備えた大型複合施設「さっぽろ創世スクエア」が20日、札幌市中心部の、中央区北1西1に完成した。官民による再開発事業としては市内最大規模。2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅に近い。20日に建物内で竣工式が行われ、関係者約80人が完成を祝った。

 2ヘクタールの敷地内の2棟で構成。高さ124メートルの高層棟は地上28階、地下5階建てで、民間企業のオフィスや北海道テレビ放送(HTB)が入る。66メートル、9階建ての低層棟は「札幌市民交流プラザ」で、約2300席の札幌文化芸術劇場や図書館などが入り、10月7日に開業する。こけら落とし公演はオペラ「アイーダ」。

残り:90文字/全文:404文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る