PR
PR

山形県に94人分の不妊手術資料 報告怠り、集団実施か

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、山形県は14日、未成年の知的障害者が入所する三つの県立施設で、不妊手術が行われたことを示す94人分の資料が見つかったと発表した。

 共同通信が開示請求で入手した資料で、短期間で集中的に実施した例があることも判明。国統計で実施数がゼロだった年の手術もあり、正規の手続きや国への報告を怠り、施設主導で集団手術させた疑いもある。

 県によると、資料が見つかったのは最上学園(新庄市)、やまなみ学園(長井市)、鳥海学園(遊佐町)。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る