PR
PR

首都圏マンション発売5・4%減 5月、2カ月連続のマイナス

 不動産経済研究所が14日発表した首都圏(1都3県)の5月のマンション発売戸数は前年同月比5・4%減の2462戸となり、2カ月連続で前年実績を下回った。「大型物件の新規供給がなかった」(担当者)という。

 1戸当たりの価格は0・8%上昇の6030万円で、2カ月ぶりに前年同月を上回った。5月発売のうち月末までに売れた割合を示す契約率は62・2%で、好調の目安となる70%を下回った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る