PR
PR

自民、6増法案提出へ 参院選改革 会派懇談会打ち切り

 参院各会派は14日午前、参院選の「1票の格差」是正に向けた制度改革を巡る代表者懇談会を国会内で開いた。「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を維持しつつ、選挙区と比例代表を合わせ定数を6増する自民党の公選法改正案について協議したが合意に至らず、伊達忠一参院議長は議論を打ち切った。これを受け、自民党は改正案を同日中にも参院に提出する。

 懇談会で立憲民主党など野党は伊達氏に議論の続行とあっせん案を提示するよう要請。伊達氏は「会期末が迫っており、今後は(委員会などで)法案審議を行ってほしい」と述べ、自民党案を受け入れられない場合は対案を提出するよう各派に求めた。

残り:160文字/全文:443文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る