PR
PR

死亡男性、転倒後再び制止 新幹線の防犯カメラ記録

 東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、死亡した会社員梅田耕太郎さん(38)が無職小島一朗容疑者(22)=殺人容疑で送検=を制止しようとした際、抵抗されて一度転倒しながらも、再び起き上がって止めようとしていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警が車両内の防犯カメラ映像を解析し、詳細な状況が明らかになった。

 捜査関係者によると、現場となった東京発新大阪行きのぞみ265号の12号車では、新横浜駅から乗った女性(26)が小島容疑者の右隣に着席。発車して数分後、小島容疑者が立ち上がり、女性の頭部に向かってなたを振り下ろした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る