PR
PR

釧路開建農業事務所元課長逮捕へ 道警 発注工事巡り収賄容疑

[PR]

 【別海】釧路開建根室農業事務所(根室管内別海町)発注の太陽光パネル設置工事を巡り、設計業務を担当していた同事務所の50代の元課長が下請けの受注業者から旅行などの接待を受けた疑いが強まり、道警捜査2課などが収賄容疑で元課長から、贈賄容疑で富山県の受注業者幹部から任意で事情を聴いていることが13日、捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、近く逮捕する方針。

 捜査関係者によると、元課長は2015年度、同農業事務所発注の「国営環境保全型かんがい排水事業」のうち、別海町内での太陽光パネル設置工事について、富山県の業者が下請けとして参入できるように便宜を図り、見返りとして業者側から旅行など数十万円分の接待を受けた疑いが持たれている。

 関係者によると、かんがい排水事業は別海町内を複数の地区に分け、一般競争入札で行われた。太陽光パネルの設置工事は各地区で落札した元請け業者が下請けを選定する仕組み。針。

残り:375文字/全文:778文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る