PR
PR

札幌商工会議所、採用活動支援 札大で企業説明会 市内10社参加

 札幌商工会議所は13日、札幌大と連携し、道内10社の合同企業説明会を同大内で開いた。採用面接が解禁になり、大手企業の選考と内定出しが本格化する中、選考から漏れた学生が再度動きだすタイミングに、初めて合同説明会を企画した。札商は16日に北海学園大でも同様の説明会を開催し、人手不足に悩む道内企業の採用活動を支援する。

 13日の札幌大での説明会には札幌市内の10社が参加した。売り手市場とされる本年度の傾向を反映し、ある企業の担当者は「内定辞退が多く、全く採用目標に達していない」と明かす。各社はブースを訪れる学生に、選考スケジュールなどを熱心に説明していた。

 60人近くの学生が参加。既に他の企業から内定を得ている学生も多く、ある男子学生は「選択肢を増やしたくて来た。自分で納得するまで就職活動を続けたい」と話していた。(宇野沢晋一郎)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る