PR
PR

大谷選手の等身大パネル盗難 浦河町、商業施設で展示「早く返して」

 【浦河】日高管内浦河町は13日、町内の商業施設に展示していた米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の等身大パネルが盗まれたと浦河署に届け出た。プロ野球北海道日本ハムで活躍していた大谷選手が2015年の同町応援大使に決まった際、球団から町に贈られたパネルで、同署は窃盗事件として調べている。

 パネルは発泡スチロール製で高さ193センチ、幅55センチ、重さ約1キロ。浦河ショッピングセンターMIO(ミオ)1階の「ファイターズコーナー」に設置されていた。町民やファンが一緒に記念撮影する姿が見られ、大谷選手の大リーグ移籍後も展示を続けていた。コーナーを管理する浦河町教委によると、職員が最後にパネルを確認したのは8日昼。12日昼に大谷選手のパネルがなくなっていることに気付いた。

残り:78文字/全文:414文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る