PR
PR

絵画など力作444点 札幌で全道展開幕

 美術の公募展、第73回全道展(全道美術協会、北海道新聞社主催)が13日、札幌市民ギャラリー(中央区南2東6)で始まった。

 今年は絵画、版画、彫刻、工芸の4部門での一般応募計433点のうち27点が入賞、177点が入選した。会場では入賞、入選と、会員・会友作品の計444点を展示している。

 最高賞の全道美術協会賞に輝いた上川管内音威子府村在住のおといねっぷ美術工芸高教諭、三谷佳典さんの「内緒の手紙」(絵画部門)は、シーツに描いたユニークな日本画。来場者は写真のようなタッチで描かれた独特の世界観に見入っていた。24日まで。一般800円、23歳以下無料。16日午後1時から、「ギャラリートーク」も行われる。
(松本悌一)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る