PR
PR

池田町図書館 16日から町営有線番組上映 懐かしの映像、祭りやドリカムデビューも

 【池田】開町120年を記念し、町図書館は特別企画として、7年前まで町内の各世帯に放送していた町営有線テレビの独自番組の特別上映会を、16日から9月まで計8回開く。町内の祭りや運動会など身近な話題を取り上げた番組で、中には40年前の番組上映も予定。当時を懐かしむ町民らでにぎわいそうだ。

 この有線テレビは1973年1月、全国の自治体で初めてスタート。町職員が独自に番組を制作・放送し、ワイン事業と並ぶ「過疎への挑戦」として全国の注目を集めた。だが、テレビの地デジ化に伴い、2011年3月に廃止になった。

 その後、独自番組の映像素材のうち77年以降の放送分がDVD化され、14年に1328枚を図書館に収蔵。図書館は16年度まで3年かけて目録整理し、館内で閲覧が可能になっていた。

 今回のような一般向け上映会は初めてで、初回の16日は、11年3月放映の最終番組を上映。故丸谷金保元町長のインタビューに加え、体重400キロのヒグマのわな捕獲成功(81年)、ドリームズ・カム・トゥルーのデビュー(89年)などの出来事を振り返る内容だ。

残り:307文字/全文:770文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る