PR
PR

参院選改革、14日に再協議 自民の6増案に反対論続出

 参院各会派は13日、参院選の「1票の格差」是正に向けた制度改革を巡る代表者懇談会を国会内で開いた。伊達忠一議長は、定数を6増する自民党の公選法改正案に関し各会派から意見を聴取。同時に「来年の参院選まで時間がない。対案を出せる会派は今週中に提出してほしい」と呼び掛けた。野党から異論が相次ぎ、14日に再協議する。

 自民案は「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を維持する一方、議員1人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を2増。さらに比例代表の定数は4増やし、事前に定めた順位に従って当選者を決める「拘束名簿式」の特定枠を一部導入するというもの。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る