PR
PR

渡部先攻、難解な攻防 女流王位戦第4局

 将棋の里見香奈女流王位(26)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=に帯広出身の渡部愛(わたなべまな)女流二段(24)が挑む第29期女流王位戦5番勝負(北海道新聞社主催)の第4局は13日午前9時、徳島市のJRホテルクレメント徳島で始まった。

 2勝1敗でリードしている渡部が初タイトルを奪取するか、里見がタイに戻すか、注目の戦い。立会人の武市三郎七段が対局開始を告げると、先手番の渡部が初手を「2六歩」と指した。

 里見は5二飛(6手目)とゴキゲン中飛車を採用し、第1、3局に続く中飛車戦になった。渡部は銀2枚を中央に繰り出して、4五桂(35手目)と先攻。里見が3四桂(48手目)と反撃に出て、難解な攻防が続いている。武市七段は「いつ終盤になってもおかしくない状況。飛車角をどう活用するかがポイントになりそう」と話した。

 持ち時間は各4時間で、同日夜までに決着する見込み。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る