PR
PR

稚内サハリン航路 7月下旬にも運航 「今季断念」から一転

[PR]

 【稚内】稚内とロシア・サハリン州コルサコフ間を結ぶ船舶の定期航路について、稚内市の第三セクターの北海道サハリン航路(HSL)は13日、断念するとしていた今季の運航を7月下旬以降に始めると発表した。サハリン州の船舶運航会社サハリン海洋汽船(SASCO)が運航を決めたためで、HSLの藤田幸洋社長は「できうる限りの協力体制に入る」と述べた。

 定期航路は、2016年からHSLとSASCOが共同で運航。船の手配などの運航費を稚内市とサハリン州が上限を設け折半で補助してきた。今季は補助を承諾する時期などがずれ込み、5月25日にHSLが運航断念を発表したが、サハリン州のコジェミャコ知事は同日の高橋はるみ知事との会談で運航継続への意志を表明していた。

残り:138文字/全文:460文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る