PR
PR

経営者から就活アドバイス 安平 追分高生が心構え学ぶ

 【安平】町内に本社や事務所を構える企業でつくる安平町誘致企業会(大場正志会長、56社)は12日、追分高3年の34人を対象に就職支援懇話会を開いた。

 進路選択の一助になればと毎年開催。今回は製造業や建設業、サービス業など13社の関係者と町職員が参加した。

 3年生は5グループに分かれ、3人1組の企業経営者と懇談に臨んだ。渡辺商事の渡辺隆広社長は「志望動機を自信を持って言うことが大切」とアドバイス。生徒側からは「どんな人材を採用したいか」「職場の人間関係で工夫していることは」などの質問が出た。

 農業法人への就職を希望する出村和優(かずまさ)さん(17)は「企業の目指す将来像や強みを聞くことができ、貴重な機会だった」と話した。

 同校の3年生は現時点で26人が卒業後に就職を希望している。(伊勢裕太)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る