PR
PR

「北マケドニア」に改名で合意 「元祖」ギリシャと

 【ウィーン共同】旧ユーゴスラビアのマケドニアは12日、古代アレキサンダー大王の時代以来、マケドニアは元々ギリシャ北部を指す地名だとしてギリシャが問題視していた国名を「北マケドニア共和国」に変えることでギリシャと合意した。

 国名問題は、1991年のマケドニア独立宣言から両国間の懸案で、国連の仲介で交渉が続いていた。合意が順調に履行されれば、ギリシャの反対で難航していたマケドニアの欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)加盟に向け後押しになりそうだ。

 28日にはEU、7月11日にはNATOの首脳会議が予定されており、いずれも声明で合意を歓迎している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る