PR
PR

札幌駅のアイヌ像から矢盗む 容疑の55歳男を逮捕

 JR札幌駅構内のアイヌ民族の木像から装飾品の矢を盗んだとして、札幌北署は12日、窃盗の疑いで住所不定、自称建設作業員の男(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前8時55分ごろ、駅構内に設置されたアイヌ民族のエカシ(長老)像から装飾品の矢1本を盗んだ疑い。男は「芸術的なものに興味があった」と供述しているという。

残り:166文字/全文:322文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る