PR
PR

コンサドーレ、カーリング参入 7月男子チーム 北京五輪目指す

[PR]

 サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌の関連法人が、7月に男子カーリングチームを設立する。道内外の有望選手を集め、2022年の北京五輪出場を目指す。

 コンサドーレのサッカー以外への参入はバドミントンに続き2例目。バドミントンと同じく、一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブが運営する。プロチームではなく、遠征費などを同スポーツクラブが負担するクラブチームとなる。

 チームの中心選手となるのがトリノ、バンクーバー両冬季五輪で女子日本代表監督を務めた、北見市常呂町出身の阿部晋也選手(38)。17、18年の日本選手権準優勝チームのスキップで、今春から同スポーツクラブの職員となった。他の選手とも現在交渉が進んでいる。

 サッカーを核に各種スポーツ普及を目指すコンサドーレは、かねてから冬季競技参入を目指しており、道民の関心が高く平昌五輪で注目度の高まったカーリングに白羽の矢を立てた。

残り:101文字/全文:500文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る