PR
PR

インフラ、人材育成で協力 日ラオス首相が会談

 安倍晋三首相は12日、ラオスのトンルン首相と官邸で会談し、両国の戦略的パートナーシップを強化してラオスのインフラ整備や人材育成に日本が引き続き協力する方針を確認した。ラオス開発の障害となっているベトナム戦争時の不発弾の処理を支援する意向も表明した。

 会談では、中国が軍事拠点化を進める南シナ海や、ラオスが外交関係を持つ北朝鮮の情勢についても意見交換。安倍首相は共同記者発表で「北朝鮮から具体的な行動を引き出すべくラオスを含む国際社会と連携していきたい」と強調した。

 両国はラオスの若手行政官の日本留学を支援する無償資金協力の交換公文に署名。両首相も立ち会った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る