PR
PR

高校野球函館支部予選、組み合わせ決定 23日から19チーム熱闘

 夏の甲子園につながる第100回全国高校野球選手権南北海道大会(道高野連など主催)函館支部予選の抽選会が12日、函大有斗高で開かれ、出場する道南の21校19チームの組み合わせが決まった。支部予選は23日、函館オーシャンスタジアム(函館市千代台町)で開幕する。

 A~Cの3ブロックでトーナメント戦を行い、各ブロックを制した3校が南大会に進む。予選には、南茅部と大野農、奥尻の3校が昨秋、今春に続いて連合チームで出場。春季大会で支部代表となった函大有斗、代表決定戦で敗れた知内、ベスト4の函工、函商がシードされ、各ブロックに振り分けられた。

 開会式は23日午前9時からで、函ラサールの水野開(かい)主将(3年)が選手宣誓を行う。順調に進めば、30日に各ブロックの代表決定戦が行われる。(池野上遥)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る